流れを知ることで土壌汚染調査を簡単に依頼できる

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

調査の方法

作業員

土地の地盤を調べる方法はいくつかあります。その中でも平板積載試験は人気のある方法と言えるのです。それではどのような方法で地盤を調査していくのか勉強してみましょう。

もっと読む

流れを知る

模型

土地の活用をするのにあたり、土壌汚染調査を業者に依頼する方が増えてきています。環境志向の高まりに影響を受けていることも、調査の依頼者が増えた原因の一つでしょう。そこで今回はそんな土壌汚染調査を業者に依頼する時の流れについて紹介していきます。流れが分かっているのと分かっていないのでは大きな差があるのです。まずは、業者を探すことから始めます。調査を依頼する業者は評判の良い業者を選ぶようにしましょう。業者を探したら、電話かメールにて連絡を行います。すぐに依頼したい方などは電話での連絡の方が良いでしょう。電話の方が細かい相談も行えます。時間にゆとりがある方や、そこまで急ぎでは無い方はメールでの連絡でも問題ないと言えるので、自分に合った方法で連絡を取りましょう。連絡を摂った後は、業者が地質の想定を行います。これは既存資料を利用したデータ収集をして、調査予定地の予測をします。基本的には既存の地図や地質図、ボーリングデータを元に想定するのです。その後、地質の状況を考慮して調査の方法や項目を検討します。この時、調査費用の見積もりを提示するので、納得できるまでしっかりと相談することが大切です。見積もりに納得ができたら、業者と土壌汚染調査の契約を結びます。契約が結ばれたら、現地での調査を実施するのです。調査が終了した後は報告書を納付します。結果などがまとめられているでしょう。報告書を提出した後でも、地盤に関する相談などを受け付けていることがあるので、必要なら相談するのも可能です。このような流れで土壌汚染調査を実施しています。

費用の相場

工事現場

住宅を建てる場合は、費用の中に測量や地盤調査などの費用も含まれます。住宅を建てる為には欠かせない作業です。おおよそどのくらいの費用が必要なのか調べてみましょう。

もっと読む

選び方

工事

住宅を立てる際に重要になるのが、地質調査です。この調査をしっかりとしているかどうかで安心安全に暮らしていけるかが決まってきます。業者の選び方について説明していきます。

もっと読む