調査の方法|流れを知ることで土壌汚染調査を簡単に依頼できる

流れを知ることで土壌汚染調査を簡単に依頼できる

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

調査の方法

作業員

地盤を直接調べる方法に平板積載試験と言うものがあります。この方法を利用することで、土地の地盤を調べることができるのでとても便利です。それではこの平板積載試験とはどのような調査方法なのかを勉強していきましょう。地盤を調査する方法は様々です。色々な方法がある中でも、特に人気が高いのが平板積載試験と言えます。この試験では、地盤の沈下量や反力係数、支持力を調べることができるのです。地盤に直径30センチの円盤を設置して調査する方法で、直接的に地盤を調べることが可能と言えるでしょう。さらに、直接地盤に荷重を掛ける調査方法の為、信頼度がとても高いのです。従来のSSやボーリング、表面波は地盤に直接荷重をかけて調査することはできません。また、短時間での調査が可能なことも人気の理由でしょう。短時間の調査が可能なため、プレハブなど簡易建物などの調査にも適しています。他にも地盤改良後の地盤確認もできるのです。平板積載試験は簡単に説明すると、積載装置の上にパワーショベルなどを乗せることで地盤の調査ができます。まずは地面を採掘して積載装置を置く場所をつくります。その後、試験装置と載荷板、直径30センチの円盤を設置したら準備は完了です。準備ができたら、円盤に重機などで荷重を加えます。そして、装置が沈下する量を計測することで地盤の調査ができるのです。これから、自分の土地の地盤を調べようと思っている方にはおすすめの方法と言えます。この機会に、平板積載試験で地盤調査をしてみましょう。